スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




更年期の不正出血について

更年期の不正出血は、ホルモンのバランス乱れによってよくあるようです。
しかし、不正出血が頻繁にあるようでしたら、産婦人科に行って診てもらってください。
更年期の不正出血は、深刻な病気のサインの場合もあるからです。
そこで今回は、更年期の不正出血について調べてみました。
子宮体癌が原因の不正出血は、検査でも発見が難しいと言われています。
注意してください。


更年期になると、不正出血が多くの女性にみられます。
更年期の不正出血の原因は、ホルモンバランスの乱れの場合が多いです。
ですから、不正出血しても、それほど心配する必要はないでしょう。

しかし、不正出血があまりにも度々続くようでしたら、産婦人科を受診してください。
更年期の不正出血は、深刻な病気のサインである場合も多いからです。
更年期の不正出血だからといって、異常を見逃して、癌が手遅れになってしまうケースも少なくありません。

また、更年期の不正出血はよくあることなので、産婦人科でも、検査をして異常がなければ、
「気になるようならまた来てください」
「しばらく静観してください」
などといわれてしまうようです。

でも、不正出血の原因が子宮体癌の場合は、検査でも発見しにくいといわれています。
不正出血が続くようでしたら、何度も産婦人科を面倒がらずに受診した方がいいと思います。

異常な不正出血の原因としては、
・子宮頸癌
・子宮体癌
・子宮内膜増殖症
などが考えられます。
これらは、子宮内膜の病理組織検査を行うことで、早期発見が可能です。

産婦人科によっては、子宮癌検診を受けても、不正出血がなければ、体部の検査まではしないところも多いみたいです。
しかし、子宮体癌は増加傾向にあります。
更年期、または閉経後の女性に多いといわれています。

子宮癌検査を受ける直前に不正出血がなくても、不正出血した経験がある場合は、子宮体癌の検査も受けておいた方がよいでしょう。
不正出血の量が多く、日常生活を送る上で支障がある場合には、ホルモン療法も検討してみてください。


多すぎる不正出血は、貧血だけではなく、生命の危険を伴うこともあります。
注意が必要です。

| 更年期の不正出血について | 不正出血 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |