スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




更年期の生理

更年期の生理はどのようになるのでしょうか?
また、何か気をつけることはあるのでしょうか?
場所が場所だけに気になりますよね。
そこで今回は、更年期の生理についてまとめました。


更年期を迎えると、生理が不順になったり、止まったりします。
毎月の生理の月経量や日数が徐々に減って、生理が止まる人もいれば、一回でぴたりと生理が止まってしまう人もいて、個人差が非常にあります。
それまできちんと周期通りにきていた生理が、遅れがちになることも珍しくありません。

更年期に生理が止まらないのを放置していたら、実は子宮筋腫や子宮頸部ガンだったということもあります。
ですから、更年期だからと自己診断するのは危険です。
更年期の女性の中には、命にかかわるくらい大量出血して、輸血をするという人もいます。
あまりにも出血量が多いようなら、恥ずかしがらずに婦人科で受診しましょう。

更年期に生理がなかなかこなかったり、早めにきてしまうというのはよくあることです。
いつ生理がくるかわからない時には、常にナプキンを用意しておくといいと思います。
出血量が多い場合には、貧血にも注意が必要です。

・生理が早くきて終わらない
・出血量があまりにも多い
・生理がなくなって一年以上経っているのにまた出血があった
などの場合は、婦人科で受診してください。

更年期の生理には個人差があります。
でも、基礎体温をつけることによって、ある程度、自分が今、どんな状態なのかを調べることができるでしょう。
基礎体温と一緒に、おりものの量なども記録しておくと、排卵しているかどうかを知りたい時に役に立ちます。

婦人科で受診する時にも、基礎体温・月経量・月経周期・おりものの状態などの記録がある方が、より正確な診断ができるはずです。

| 更年期の生理 | 生理 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |