スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




若年性更年期障害とは

更年期というのは、閉経の時期と関係があると思っていたので、大体40代半ば位から始まるのが平均だと思っていました。
おそらく、多くの人もそう思っているのではないでしょうか?
しかし、最近では、「若年性更年期障害」と呼ばれる、更年期障害があるようです。
若年性更年期障害とは、早発閉経に伴う更年期障害のことらしいです。
ちょっと気になったので、若年性更年期障害について調べてみました。
是非参考にしてください。


若年性更年期障害とは、厳密にいえば、早発閉経に伴う更年期障害をいいます。
早発閉経とは、何らかの原因により、二十代から三十代で閉経してしまうことです。
生理不順や無月経・更年期障害に類似した不定愁訴などを総称して若年性更年期障害と呼ぶこともあります。
これはいわば俗称なので、本来なら卵巣機能低下症と呼ぶべきでしょう。

生理不順の原因としては他にも、多胞性卵巣症候群などがあります。
あまり長い間、無月経の状態が続くと、不妊の原因になってしまう恐れがあるため、日頃から基礎体温をつけたり、異常があったらすぐに婦人科を受診するなど、放置しないようにしてください。

日本女性の閉経は、平均五十歳前後です。
しかし、早い人でしたら四十代前半で起こることもあります。
その場合、三十代後半には更年期障害が起きる計算になります。
そのため三十五歳以降に更年期障害に似た症状が現れたとしても、若年性更年期障害には当たらないでしょう。

若年性更年期障害かなと思ったら、婦人科で血液中のホルモン測定を行うと、早発閉経なのか、それ以外の原因なのかがわかります。
早発閉経になったとしても、まれに排卵が回復して妊娠に至ることもあるようです。
しかし、非常に確率が低く、予測も困難です。

早発閉経の原因は、染色体や遺伝子の異常、自己免疫疾患などだといわれています。
でも、二十代から三十代に卵巣嚢腫(特にチョコレート嚢腫)の手術を受けた人にも増えています。

| 若年性更年期障害とは | 若年性更年期障害 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |