スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




更年期障害とは

更年期障害に心当たりがある人は、ちゃんと病院で診てもらっていますか?
また、病院で診てもらっている人は、ちゃんと婦人科に行きましたか?
更年期障害は、ちゃんと婦人科で診てもらって治療すれば、症状が改善する可能性が高いことはご存知ですか?
意外と更年期障害を軽く考えている人がいるようです。
そこで、今回は更年期障害について説明します。


更年期障害は、婦人科で受診して正しい治療を受けることにより、症状が改善する可能性が高いです。
にもかかわらず、更年期障害だという自覚がないために、心身に症状が現れても他の科を受診したり、病院に行かずに我慢する人がたくさんいます。
更年期の症状だから我慢するしかないと症状を放置して、深刻な病気を見逃してしまったというケースもあります。
更年期を迎えたらそれまで以上に自分の体に注意を払い、大切にする必要があるでしょう。

更年期障害は、ホットフラッシュといわれるほてりやのぼせの症状が有名です。
しかし、体全体に症状が出る可能性があります。
・耳鳴りや立ちくらみ
・うつ状態やイライラ
・便秘や下痢
・肩こりや腰痛
・性欲低下
・視力低下
・皮膚の乾燥
など、更年期障害の症状は多岐に渡ります。

更年期障害の原因は、卵巣の働きの衰えによるエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少と卵胞刺激ホルモンの増加が引き起こすホルモン分泌のバランスの乱れです。
症状の現れ方には著しく個人差があります。
母親が更年期障害だったからといって、娘もなるとは限りません。
複数の症状が同時に現れることが多く、やっと症状が治まったと思ったら、違う症状が出るということもあるでしょう。

更年期障害の症状が重い人の中には、自殺を考える人もいるそうです。
更年期障害がつらくて家事が思うようにできないのに「怠けている」とか「弱いから更年期障害になる」などと、夫や姑に責められて傷つき、夫の退職後に離婚を迫る人や姑の介護を拒否したという人もいます。

| 更年期障害とは | 更年期障害 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |