スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




更年期 うつ

更年期になると、うつの症状が起こりやすくなります。
もし、うつ気味かなと思ったら、一度、精神科や心療内科を受診することをオススメします。
うつの症状は、がんばろうとするほど悪化する恐れがあるので、専門家に相談してください。


・すぐに憂鬱な気分になる
・何もする気がおきない
・なかなか眠れない
・食欲がない
・イライラする
・くよくよする
・自分なんて価値がないと思う
などの症状があれば、一度、精神科や心療内科を受診してみましょう。
更年期には、うつ症状が起こりやすくなります。

更年期のうつは、ホルモン補充療法(HRT)を行うと、よくなることがあります。
でも、副作用がある治療法でもあるので、抗うつ剤や催眠剤を服用する方がいい場合も多いかもしれません。
自己評価式抑うつ性尺度(SDS)を使って、自分のうつ度をチェックしてみるのもオススメです。

「更年期にはうつ症状が起こりやすいものだからと、放っておけば治ると思って我慢していたら、うつ病が悪化していた」 そんな事例も数多くあります。
どうしても、心療内科や精神科を受診するのに抵抗がある場合、漢方医に相談したり、鍼灸治療を受けるのもいいでしょう。
更年期のうつ症状は、何もしないで我慢するのが、一番よくありません。

更年期の症状の辛さは人によっても違います。
また、家族や友人などの身近な人にも、理解してもらえないことがよくあるようです。
もしかしたら、更年期の症状でうつ状態になってしまって、家事が思うようにできなくて自分を責めたり、家族に責められたりすることもあるかもしれません。
更年期障害の症状がそれほど重くなかった姑などからは、
「だらしない」「甘えている」「気力でなんとかなる」
と言われることもあるのだとか・・・。

でも、うつ症状は、気力だけではどうにもなりません。
それどころか、がんばろうとするほどに、悪化する恐れがあるので危険です。
ですから、自分を責めたり、ちらりとでも自殺を考えたりする前に、専門家に助けを求めてください。

| 更年期 うつ | うつ |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |