スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




更年期 ホルモン補充療法

ホルモン補充療法を行うと、更年期の辛い症状が良くなることがあります。
ただ、全ての更年期の症状でホルモン補充療法が行えるわけではありません。
そこで、ホルモン補充療法について調べてみました。
どんな更年期の症状のときに、ホルモン補充療法が行えて、どんな症状のときは行えないか、確認しておいたほうが良いと思います。


更年期の辛い症状は、ホルモン補充療法(HRT)を行うと、劇的によくなることがあります。

更年期障害の症状である
・ホットフラッシュ
・発汗
・うつ
・不眠
・無気力
・粘膜の乾燥
・関節痛
・骨粗しょう症
などで、日常生活を送ることが困難でしたら、ホルモン補充療法(HRT)を検討してみるといいかもしれません。

ただし、
・高血圧症
・肝機能障害
・子宮筋腫
・子宮内膜症
・乳がん
・子宮体がん
などの持病がある人に対しては、ホルモン補充療法(HRT)を行えないことになっています。

また、過去に
・脳卒中
・肝硬変
・心筋梗塞
を患ったことのある人も、ホルモン補充療法(HRT)を受けられません。

ホルモン補充療法(HRT)の方法によって、安全性に大きな違いがあるといわれています。
貼り薬と飲み薬では、貼り薬の方が副作用が少ないようです。

予想される副作用としては、
・乳房の張り
・不正出血
・動脈硬化
・冠動脈疾患
・頭痛
・腹痛
・嘔吐
などがあります。

長期のホルモン補充療法(HRT)は、乳がんなどの危険性が高まることもあるそうです。
ですから、ホルモン補充療法(HRT)を行う時には、半年か一年ごとに乳がん検査・血圧測定・コレステロール検査、などの健康診断を受けるようにしてください。

更年期障害の症状に合わせて、複数の薬を飲み続けるくらいなら、ホルモン補充療法(HRT)をした方が快適に日常生活を送れる人もいるでしょう。
でも、ホルモン補充療法(HRT)を行っても、副作用であまり辛いのが変わらなかったら、漢方薬や鍼灸治療など、他の治療法の方が合っている可能性もあります。

| 更年期 ホルモン補充療法 | ホルモン補充療法 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |