スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




更年期障害をアロマでケア

最近は、アロマテラピーに詳しい人が増えています。
では、更年期障害にアロマテラピーが有効なことは、ご存知でしたか?
更年期のアロマテラピーは、自然治癒力・ホルモンバランス・免疫力に良いようです。
上手にアロマテラピーを利用しましょう。


つらさ更年期障害に有効なのが、アロマテラピーによるケアだといわれています。
アロマテラピーというのは、植物から抽出された精油の香りを嗅いだり、精油をブレンドしたオイルでマッサージしたりする療法です。

アロマテラピーの効果としては、
・自然治癒力を高める
・ホルモンバランスを整える
・免疫力を上げる
などが、期待できます。

女性ホルモン(エストロゲン)と似た効果を持つ精油をブレンドしてマッサージすれば、精油の香りによる効果と、マッサージそのもののリラックス効果に加えて、皮膚からも有効な成分が吸収されるでしょう。

更年期障害にオススメの精油は、
・クラリセージ
・スターアニス
・セージ
・マジョラム
・カモミール
・ラベンダー
・イランイラン
・グレープフルーツ
・ペパーミント
などです。

マッサージに使う時の注意があります。
精油だけでブレンドするのではなく、必ずホホバオイルやオリーブオイル、グレープシードオイルなどのキャリアオイルで薄めて使ってください。

もっと手軽なアロマテラピーとしては、湯船に精油を5〜6滴ほど入れたり、洗面器やバケツなどに精油を2〜3滴くらい入れて足浴(または、手浴)する、という方法もあります。
また、アロマポットやアロマキャンドルを使うと、日常的にアロマテラピーを行うことができるでしょう。

アロマテラピーには、妊娠中や持病がある場合に、使用を禁止されている精油があります。
気をつけてください。

精油をたくさん入れると、効果が高くなるような気がします。
しかし、決められた濃度以上に濃くするのも、厳禁です。

| 更年期障害をアロマでケア | アロマ |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |