スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ




更年期 妊娠

更年期と言うのは、女性の閉経の前後に起こる症状で、多くの人は、40台の半ばでこの更年期を迎えます。
その更年期に入ってからの妊娠は、高齢出産になりますので、かなりリスクの高い出産になります。
そして、更年期に入って閉経したからと言って、妊娠しないとは限りません。
閉経後の1年間は、妊娠をする可能性があると言われています。


女性の閉経前後に起こる症状のことを、更年期と言います。
個人差はありますが、大抵40代半ばに、更年期を迎える人が多いようです。
のぼせや顔のほてり、異常なまでの発汗や動悸など、色々な症状が体に現れます。

一般的には、35歳以上での出産を高齢出産と呼んでいます。
更年期に入った後の妊娠と言うことは、つまり40代に入ってからの妊娠ということになるでしょう。
ですから、かなりリスクの高い出産ということになります。

ましてその出産が初産ということになると、母体にもお腹の中の赤ちゃんにも、相当なリスクが伴います。
・自分の周りに相談ができる人がいるのか
・妊娠中に助けてもらえる人がいるのか
・出産後にも助けてもらえる人がいるのか
などを、ご主人とも相談してから、出産するかどうか決めるようにしましょう。

さらに注意しなければならないことがあります。
それは、いくら更年期に入って閉経したからと言っても、妊娠の可能性がゼロになったわけでは無いと言うことです。
閉経後の1年以内は、妊娠する可能性があると聞きます。
もし、妊娠を望んでいないのでしたら、きちんと避妊する必要があります。
いつまで避妊しなければならないのかは、個人差があるので、はっきりとは言えません。
しかし、一般的に、閉経すると言われている50歳前後から1年以上は避妊を心がけましょう。

中には、更年期の症状を全く感じない人もいます。
そのような人でも、妊娠を望まないのでしたら避妊をするように気をつけてください。
更年期に入ってから妊娠を望むようでしたら、産婦人科の先生に相談してみるといいかもしれませんね。

| 更年期 妊娠 | 妊娠 |
| comments(35) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/19PAGES | >>